Just another WordPress site

シーライフ名古屋(SEA LIFE Nagoya)はいつオープン?入場料は?

2018/03/24
 
この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、前田です。 当サイトにお越しいただいてありがとうございます。 私が日々疑問に思った事、知りたかった事を、皆さんに共有できるように発信していきます。 どうぞ、宜しくお願いします。

 

こんにちは、前田です。

名古屋にある『LEGOLAND Japan(レゴランド・ジャパン)』の隣接に新しくオープンされる水族館があります。

 

それは、

【シーライフ名古屋(SEA LIFE Nagoya)】です。

 

レゴランド・ジャパン・ホテル(4/28オープン)内に併設しています。

オープンは?

 

2018年4月15日(日)です。

 

水族館内は?

5歳から12歳の子供をターゲットとしています。

水族館内は50ヶ所以上で「見て、さわって、学んで」体験できる水族館です。

「竜宮城」や「沈没船」などのテーマで展開されて11のエリアに分かれています。

 

そして、水族館内はこんな魚達に会えます。

 

◎カクレクマノミ

もう、既に知っていると思いますが、「ニモ」で映画にもなりましたし、続編も出ていますよね。

とれも、愛くるしいオレンジ色・白色の小さな魚たちです。

海の中のイソギンチャクに住んでいます。しかし、このイソギンチャクには有毒な触手があります。

どうして毒のあるイソギンチャクに住む事ができるかは、カクレクマノミだけが、この毒に免疫された生き物で、厚い皮膚によって保護されているからです。

イメージ画像

 

◎タツノオトシゴ

一度、見たら忘れられない生き物です。

ストローのような口ばしで、尾っぽも丸まって、小刻みに泳いでいます。

この丸まった尾っぽで海草をつかみ食べます。さらにストローのような口で小さなエビも食べます。

この口で食べている時に独特な音がでます。

聞くことができれば、「ラッキー」です。

イメージ画像

 

◎クラゲ

大昔から存在する生き物です。

こちらも特徴のある泳ぎ方します。

ゆっくりとした泳ぎぎを見ていると、癒される不思議な気持ちになります。

でも、生き物ですから、エサとなる小魚を捕まえる時に有毒な触手を使います。

イメージ画像

 

◎サメ

体長が2メートルくらいあり、人間も食いちぎられる大きな口には圧倒されます。

こちらも、映画にもなっていて、凶暴というイメージが沸きます。

水族館では、海のトンネルでサメが見えます。下からのぞくサメは自分意襲って来るような感じで襲われそうです。

イメージ画像

 

などなど、たくさんの魚たちに出会えるチャンスです。

 

チケット(入場料)

◆1DAY

子供(3歳~12歳):1,500円

大人(13歳以上)  :1,900円

 

 

コンボ1DAYパスポート

子供(3歳~12歳):5,200円

大人(13歳以上)  :6,600円

※このチケットでLEGOLAND Japan(レゴランド ジャパン)とSEA LIFE Nagoya(シーライフ名古屋)の両方で利用可能。

※LEGOLAND Japanの1Dayパスポート(入場料)は子供5,300円、大人6,900円ですから、お徳になります。

この際、LEGOLAND Japan(レゴランド ジャパン)とSEA LIFE Nagoya(シーライフ名古屋)の両方を楽しんでもいいではないですか?

 

アクセス

車:伊勢湾岸自動車道の名港中央インターチェンジを降りてすぐです。

電車:名古屋駅からあおなみ線で金城ふ頭駅を下車、駅を出てすぐです。

※ レゴランド・ジャパンの正門から徒歩圏内

 

まとめ

ぜひ新しい水族館で、子供たちと一緒に新しい体験をしましょう。

私も、このシーライフ名古屋にも足を運びます。

こちらが、シーライフ名古屋情報です。

↓ ↓ ↓

https://www.visitsealife.com/japan/

 

今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
こんにちは、前田です。 当サイトにお越しいただいてありがとうございます。 私が日々疑問に思った事、知りたかった事を、皆さんに共有できるように発信していきます。 どうぞ、宜しくお願いします。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 夢に向かって! , 2018 All Rights Reserved.